フィラリアの薬を上手なあげ方ってある?

フィラリア予防薬辛口案内室は、人気のあるフィラリア予防薬のセレクトの仕方の注目点やコツをどんなところよりも掘り下げて記載やっているインターネットサイトです。フィラリア予防薬が生まれて初めてのユーザーだとしても不安なく入手することができるようなるはずです。 - フィラリアの薬を上手なあげ方ってある?

フィラリア予防薬辛口案内室

フィラリアの薬を上手なあげ方ってある?

薬をなかなか口にしてくれないというのはフィラリア薬に限らずよくあります。吐き出した薬が駄目になってしまうのはもったいありませんし、うまく食べられずにペットに不快な思いをさせてしまうのも心苦しいものです。
各ご家庭でもさまざまな工夫を凝らしていることと思いますが、錠剤タイプやチュアブルタイプの薬をうまく投与する方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

美味しいものに包み込むようにする

固形の薬をペットに与える方法として一番オーソドックスなのが、大好きな食べ物に包んで食べさせるという方法です。チュアブルそのものの味が気に入らずに食べてくれないという場合でも、ある程度誤魔化されてくれます。ただ、どうしても受け入れられない場合には吐き出してしまうこともあるため、その場合は無理をさせずに錠剤タイプに切り替えることをおすすめします。
錠剤の場合に楽なのが犬用のゼリーを使った方法です。まず指につけて顔が上に向くように舐めさせながら美味しいゼリーの味を覚えさせます。美味しいものはもっと食べたくなり急いで飲み込もうとするので、追加で与える際に錠剤をさり気なく混ぜて舐めさせると気がつかずに喉に流してくれやすくなります。

喉に押し込むように食べさせる

好物を利用しても薬を飲んでくれないという場合には、口を開けさせて喉に押し込むのが確実です。手を噛まずに口を触らせてくれることが前提となりますが、上を向かせて上顎を持ち上げるように口を開けさせ、用意した錠剤を喉の奥のほうに押し込んでしまいましょう。一見すると可哀相な気もしますが、上手に行うと一瞬で済みますので、ペットも何を飲まされたのかわからないままにケロッとしていますから問題ありません。
鼻が長い犬種の場合にはこの方法だと難しいこともあります。フィラリア予防薬は潰してしまっても問題ありませんので、その場合には薬を細かくして水や薬の投与に使われるブドウ糖液などと混ぜてから、スポイトを使って口の横から流し込むようにすると簡単です。

いずれの方法も難しい場合

味に敏感でチュアブルも錠剤もなかなか食べさせるのが困難だという場合には、滴下タイプの予防薬に切り替えてしまうのもおすすめです。ただ、服用タイプに比べると薬の値段が倍程度と高くなってしまいます。
なるべくペットに合った食べさせ方を見つけるようにするのが賢明ですが、ペットにもお財布にも負担のかからない方法で薬を与えられるよう、最適な手段を見つけてください。

フィラリア予防薬辛口案内室TOPへ

Copyright(C)2016 www.dressmeupbygiz.com All Rights Reserved.